学校法人奈良学園

学校法人奈良学園

  • お問合せ
  • アクセス
  • 検索
  • サイトマップ

ニュース & トピックス

ニュース & トピックスニュース & トピックス

ニュース & トピックスニュース & トピックス

◇2017-11-10 (金)

【志賀直哉旧居】2017年度秋期奈良学園公開文化講座(全5回)開催案内

◇講座の参加申込受付中です。


-


ガラス張りの天窓があるサンルームと食堂。
この部屋に武者小路実篤、小林秀雄、滝井孝作など多くの文人・画家が集い、芸術を語り人生を論じていました。


作家志賀直哉が昭和4年から9年間をすごした旧居での、
この集いが人間的な交際の場や文化活動の核となり、
「高畑サロン」と呼ばれるようになったのでした。


このサロンがあった場所で、奈良学園大学の教員による文化講座を行います。
静かな時間の流れの中で、創造的な時間をお楽しみください。


----------------------------------
 《開催概要》
----------------------------------
●定員  :各回30名(各回,インターネットのお申し込みによる先着受付です)
●申込  :各講座の申込サイトから参加申込が必要です。
●参加費 :350円(入館料込,学校法人奈良学園設置校の在籍者本人及び教職員は無料です)
      ※当日、受付にてお支払いください。
●開催場所:奈良学園セミナーハウス志賀直哉旧居(奈良市高畑町1237-2) →アクセス
●主催  :学校法人奈良学園,奈良学園セミナーハウス志賀直哉旧居


----------------------------------
 《講座予定》
----------------------------------
◆平成29年12月 2日(土)14:00~16:00
奈良学園公開文化講座 第17回 《こころの健康とストレス》
講師:東中須惠子 奈良学園大学保健医療学部教授

申込:http://kokucheese.com/event/index/482006/(学園外の申込サイトへリンクします)
概要:精神の健康は、人々のさまざまな面と、深いかかわりを持っております。人々のライフサイクル全般にかかわり、しかも、そのかかわりは、精神の健康がそれぞれの状況に影響する場合もあれば、反対に人の置かれた状況や環境が精神の健康に影響する場合もあり、双方向的なものです。 今回は特に、日常生活上の精神健康の問題を取り上げ正しく理解しながら、精神の健康を維持する方法を考えていきます。


----------------------------------
 《講座概要》(終了)
----------------------------------
◆平成29年9月30日(土)14:00~16:00 (終了)
奈良学園公開文化講座 第13回《福島原発放射能の空中拡散》
講師:大原荘司 奈良学園セミナーハウス志賀直哉旧居館長・奈良学園大学客員教授
申込:http://kokucheese.com/event/index/481990/(学園外の申込サイトへリンクします)
概要:福島第一原発2号機から漏れ出た放射能の拡散の実態について、コケの放射能分析結果に基づきお話しします。放射能とはどういうモノかについて、市民感覚をベースとして、あるがままの志賀直哉精神で語り合いたいと思います。


----------------------------------
◆平成29年10月14日(土)14:00~16:00 (終了)
奈良学園公開文化講座 第14回《柳条湖から真珠湾まで その2 ~リットン調査報告(1932)からハルノート(1941)まで~》
講師:木村優 奈良学園大学名誉教授・奈良女子大学名誉教授
申込:http://kokucheese.com/event/index/481996/(学園外の申込サイトへリンクします)
概要:三国同盟の前後1年間における日独米ソ4国間の生々しい外交戦の実像を話したい。即ち、英独間の宣戦・開戦後のPhony War(1939・9~1940・4)、日ソ中立条約(1941・4)、独ソ戦争(1941・6)、三国同盟の締結(1940・9)、日米交渉(1941・4~12)における各国の策略について解説したい。


----------------------------------
◆平成29年10月21日(土)14:00~16:00(終了)
奈良学園公開文化講座 第15回 《ブラックホールとは何か、どこにあるか》
講師:加藤正二 奈良学園大学名誉教授・京都大学名誉教授
申込:http://kokucheese.com/event/index/482001/(学園外の申込サイトへリンクします)
概要:ブラックホールが想像上の概念として生まれてから、それが現実に存在するのではないかと考えられるようになってゆく経緯を物理学、天文学の発展とともに見てゆく。現在では、ブラックホールは星として、また、われわれの銀河やアンドロメダ銀河など銀河の中心核を形成する巨大な天体として存在することが知られている。光までも吸い込んでしまうというブラックホールがなぜ観測されるのか。ブラックホールの存在を示す観測事実を紹介する。最後に、アインシュタインの一般相対論以降、100年に渡って、その存在が予言されていた重力波がごく最近ようやく観測されて、それがブラックホール存在も直接的に示す観測事実となったことも紹介する。余談で、あくまで理論上の話だが、ブラックホールからのエネルギー引き出しは究極の"エコ"であることを紹介する。


----------------------------------
◆平成29年11月10日(金)14:30~16:30(終了)
奈良学園公開文化講座 第16回 《祭祀の変遷と神社》
講師:渡邉規矩郎 奈良学園大学人間教育学部教授
申込:http://kokucheese.com/event/index/482004/(学園外の申込サイトへリンクします)
概要:古代祭祀やそれが残る沖縄の拝所、神宮祭祀、現在の社殿を設けた中での神社祭祀に及んでいきたいと考えています。また、感謝を捧げるお祈りが祈願に変わってきた世相にもふれたいと思っています。


----------------------------------