学校法人奈良学園

学校法人奈良学園

  • お問合せ
  • 寄付のお願い
  • 検索
  • サイトマップ

法人概要法人概要

理事長メッセージ理事長メッセージ

奈良学園は奈良県下に4つのキャンパスを有し、その中で幼稚園から大学院までを運営する総合学園です。
昭和40年に大和高田市で「奈良の恵まれた自然環境を教育の場とし、その豊富な文化財を教育の素材として、文化の香り高い堅実な日本女性を育成すること」を建学の理念として奈良文化女子短期大学を開学し、教養科、初等教育科、幼児教育学科、食物栄養科、衛生看護科、音楽科などで25,000名を超える卒業生を社会に輩出してきました。
昭和54年には郡山キャンパスで奈良学園中学校・高等学校を開校し、「至誠力行」を校訓として、豊かな自然環境の下で6か年の一貫教育を基軸として多くの有能な卒業生を社会に輩出しています。
高田キャンパスには「実学」を重視して「共感、自立、行動」を基礎にした女子教育を行う奈良文化高等学校と「遊びを通した学び」を実践する奈良文化幼稚園があります。
また、登美ヶ丘キャンパスでは奈良学園幼稚園・小学校・登美ヶ丘中学校・登美ヶ丘高等学校として、子どもの発達段階に合わせた4-4-4制の12年一貫教育システムを採用してグローバルに活躍するリーダー的な人材を育成するべく幼稚園から高等学校までの教育を幼小中高間の各段階をスムースに移行できるように配慮して行っています。奈良学園大学としては三郷キャンパスに人間教育学部、登美ヶ丘キャンパスに保健医療学部・大学院があり、それぞれ人間をテーマに「豊かな人間力を育み、人を支える人となる」教育と関連する分野の研究を行っています。
「教育はロマン、夢語るもの」といった統一的な教育理念のもと、夢と希望と志を持ち、「夢を形に」できる、則ち夢をかなえられるような実力を有した前途有為の人材を育成することにより、人類・社会、とりわけ地域社会の発展に貢献することを目標に教育と関連する研究を行ってゆきます。皆様方の変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

▲ページトップ