学校生活

Q&A

Q.中学入学後、塾や予備校に行かなくても大学進学まで学校でみていただけるのでしょうか。
A.本校の勉強と家庭での学習にしっかり取り組むことを勧めます。
本校の教育方針をご理解いただき、6年間学校の勉強にしっかりと取り組めば、現役での第一志望大学への進学が可能であると考えています。まずは、中学校の生活に慣れること、そして指示された課題をおろそかにせずこなしていくことが大切です。
Q.生活指導についてはどのような方針ですか。
A.他人への迷惑を顧みない行為や礼儀に反した行為、頭髪・服装・言動の乱れに対しても厳しく指導します。また、いじめや非行に対しても厳格に対処します。生徒の個性を無視した一方的な指導ではなく、しっかりと話し合いを持ち、生徒個人の成長を促すための指導を行います。
Q.中学入試定員の男女比はどうなりますか。
A.男女別の定員は設定していません。ただし、男女比に極端な不均衡が生じる場合は、教育上の配慮から、調整して合否判定を行う場合があります。
Q.クラブ活動の時間帯や活動日はどうなっていますか。
A.中学生の平日の最終下校時刻は18:00です。土曜日については16:00を最終下校時刻としています。活動日に制限はありませんが、クラブによってその活動日が異なります。
Q.中学生の給食について教えてください。
A.M段階終了まで給食を実施しますので、中1(M3)・中2(M4)には土曜日も給食を用意します。校内の調理室で作ったものを、基本的には教室で摂ります。食事内容は皆同じものです。
食物アレルギーへの対応について、個別対応はできません。事前に「献立表」を配布させていただきますので、ふさわしくない献立の日は、お弁当かパンなどを持参してください。
マナー教育や食育、さらには異学齢交流活動にも取り組んでいますので、小学生の児童たち(P段階)と一緒に小学生用ダイニングで摂る機会もあります。また、月に1回、「お弁当の日」も実施しています。
なお、中3~高3(Y段階)では給食を実施しません。お弁当を持参するか、ダイニング(食堂)で昼食を摂ります。また、パン販売も実施しています。