学校法人奈良学園

学校法人奈良学園

  • お問合せ
  • アクセス
  • 検索
  • サイトマップ

ニュース & トピックス

ニュース & トピックスニュース & トピックス

ニュース & トピックスニュース & トピックス

◇2017-06-26 (月)

近代文学講座《文学表現の諸相》前期第2回を開催

  • 近代文学講座《文学表現の諸相》前期第2回を開催
  • 近代文学講座《文学表現の諸相》前期第2回を開催
  • 近代文学講座《文学表現の諸相》前期第2回を開催
  • 近代文学講座《文学表現の諸相》前期第2回を開催

本学のセミナーハウス・志賀直哉旧居において、「近代文学講座」と題して連続講座を開催しています。京都大学以文会 会員・植村正純先生を講師にお迎えし、近代文学における「文学表現の諸相」を学んでいます。


今回は「古今・東西の文学の接点」という視点から竹西寛子の「詞華断章」を取り上げ、竹西の感性を通した古典詩歌の奥深い世界を味わいました。


「詞華断章」は詩歌を題材にした随筆集で、竹西が万葉集から芭蕉・蕪村、晶子まで、数々の歌を丁寧に解説。竹西の繊細な感性を通して言葉の一つひとつが生き生きと甦り、句に込められた作者の想いが伝わってきまました。植村先生は最後に「喚起力としての詩篇」を紹介。その中で竹西は「小説は感じるままに書くのではなく、物事を客観視して普遍化の手続きを経たものでなければ読者の心に訴えることはできない」と語っています。「詞華断章」の文章同様、竹西の言葉への崇高なこだわりを感じさせました。


梅雨を迎え、旧居の庭は花盛りです。雨が上がった今日、淡く色づいた紫陽花がみずみずしい花を咲かせていました。

▲ページトップ